補充用ボトルの保管するスペース

私の家は、もう何年も名古屋でウォーターサーバーを使用していますが、その中でも特にここは困っているといった内容を紹介します。

ウォーターサーバーは、すぐに飲み水の冷水や、ポットやケトルを使わずとも瞬間的に90度程のお湯を注ぐことができるスグレモノで、家族一同必需品のように毎日活用しています。

しかし困っている点もあります、それは水の補充用のボトルの置き場です。ウォーターサーバーは1度に大体12リットル程の大きなプラッスチックボトルを使用しています。

我が家は5人で暮らしており、使用量も多いため平均6本はまとめて業者に注文します。 しかし、12リットルの大きなプラッスチックボトル6つともなると、なかなか置き場に困るものです。

しかも、その容器は捨てずに回収されるため、外やベランダに置くなどガサツに扱うこともできないので、結局屋内に置きます。ここでもう1つ問題なのが、重量です。

12リットルともなると約12kgに相当するので、できるだけ持ち運ぶ距離は短い方がよいですよね。そうすると必然的に保管場所は居間や玄関口のそばなどになってしまうのですが、客人を招く時など、玄関はやはり綺麗に見られたいもので、大きなペットボトルが並んでるのはあまり良い光景ではありません。そこが今もなおウォーターサーバーに関する困っている点です。

※今では回収ではなく捨てられるものだったり、保管しやすいように、柔らかいパッケージをつかってる業者さんもあるみたいですが。